NRI 未来作発 野村総合研究所 Nomura Research Institute

札幌開発センター

先輩の声(2018年入社)-2

SAPPORO RECRUITING 2020 先輩の声(2018年入社)-2

失敗や先輩の知見から何でも学び
業界の第一人者を目指す

とにかく何でも学ぶ精神を大切にしています。ITは技術の進歩が早く、新しい技術を学ぶととあっという間に部署や会社での第一人者になることができます。自分や人が失敗した時にその理由を論理的に考えること、人と意見が食い違ったときに相手の考え方を理解することで新たな視野や知識を得ることができます。
また、先輩方に頻繁に質問をしています。自分で調べて解決することも重要ですが、効率が悪かったり、理解の仕方が異なっていたりすることもあるので、遠慮なく聞かせていただいています。いつ質問や相談をしても丁寧に教えていただける環境が非常に恵まれていると思っています。そうして先輩と様々な意見を交わしながら、チームで課題を乗り越えていくときは仕事が楽しいと感じる瞬間です。

青木 慧斗 紹介画像

INTERVIEW

NRIに入社しようと思ったきっかけは?
あらゆる職種と関わることができることと、システムの社会への影響力の大きさに憧れがあり、SIerという仕事を選びました。その中でもシステム開発の上流~下流まで携われて、個人の力量を発揮させてもらえるようなNRIに入社を決めました。
関わっている仕事の内容を教えてください
お客様が持つデータ分析を支援するため、データベースを構築し、データを可視化する業務をしています。膨大な量のデータの中から、目的に合わせて情報を集約し分析することができれば、お客様自身の商品やサービスを向上させるためのアイディアを考えることができます。今のチームでは、そういったお客様の「こういうものが欲しい」に答えるために、要件定義からクラウド上の基盤作成、データの可視化のためのBIツールを用いるところまですべてに関わっています。
札幌の勤務地を選んだ理由は?
場所を選ばず仕事ができることが私たちの職種のメリットだと考えているので、地元である札幌に拠点があるエリア職を選びました。

インタビュー中の画像

入社してからのギャップはありますか?
仕事の面においては、入社前も入社後もあまりイメージが変わっておらず、仕事をバリバリこなす人が多く、考え方もロジックがしっかりしている人が多いと感じています。そんな方々は日々の自己研鑽を怠らないような方たちで、社会人になってからも学生の頃以上に勉強するという点は入社前とイメージが変わりました。
プライベートの面においては、先輩方は家庭を持っている人が多く、また、趣味も多く、非常に充実されている様子で、入社前とイメージが少し違いました。
休日の過ごし方は?
普段は家で音楽鑑賞や映画鑑賞をすることでリフレッシュしています。家具などを揃え、部屋を快適な空間にすることで、特に出かけなくてもリフレッシュできるようにしています。
休日は友人と過ごしたり、会社のサッカーチームと野球チームに参加してスポーツをします。サッカーは経験がありましたが、野球は初めて挑戦しました。初試合で意外と活躍できたので、ハマってしまいそうです。
学生の頃はゲームなどインドアな趣味が多かったのですが、社会人になってからはアウトドアな趣味が増えました。土日は特に目的がなくても外出しています。また、普段の週末でも福岡に行ったり、長期休暇には海外旅行に行くこともありました。

新卒採用専用サイト

新卒採用専用サイトはこちら