NRI 未来作発 野村総合研究所 Nomura Research Institute

札幌開発センター

先輩の声(2017年入社)-3

SAPPORO RECRUITING 2020 先輩の声(2017年入社)-3

熱い想いを持って課題を解決していく

私はお客様から要望を探り、システムというものづくりを通して幅広い業界へソリューションを提供できるシステムエンジニアという仕事に魅力を感じ、NRIに入社しました。
現在はお客様の社内基幹システム再構築プロジェクトへ携わっています。現在のシステム仕様や内在する課題を明らかにし、よりスムーズに業務を行える新システムの構築へ繋げることを目標としています。
NRIには現状の課題など様々なことに対して「今よりもっと良くするにはどうすればいいか?」という熱い想いを持った人がとても多く、日々刺激を受けています。

鶴本 千尋 紹介画像

INTERVIEW

これまで携わってきた業務内容を教えてください。
入社して1年目は、NRIが提供しているフレームワーク(システム開発を標準化する枠組み)の保守管理業務を担当しました。問い合わせ対応を通したお客様とのコミュニケーションや開発工程でのものづくりは、システムエンジニアとしての基礎を築くための良い経験となりました。
2年目の現在は、お客様の社内基幹システム再構築プロジェクトへ携わっており、主にお客様の現行業務分析、現行システム調査を担当しています。現在のシステム仕様や内在する課題を明らかにし、よりスムーズに業務を行える新システムの構築へ繋げることを目標としています。お客様の業務理解がシステム理解に繋がるため学ぶことが多く、刺激のある日々です。
札幌開発センターではある程度の期間でグループ・プロジェクトのローテーションがあります。様々な業務経験を積むことができるのことは札幌開発センターの魅力の1つです。
これまでの業務で困難だったことと
それをどのように乗り越えたかを教えてください。
2年目で新しいプロジェクトへ参画となり、お客様の現行システム調査を担当することとなりましたが、お客様の業務理解に苦戦し、調査テーマがなかなか進まないということがありました。調査の生産性を上げるには業務理解が必須だと考え、業務フローを読みこみ不明点をまとめ、お客様へ直接ヒアリングしに伺ったり、システムのソースコードを読み解いて処理を把握することから業務理解へ繋げました。大変でしたが、結果として1日に対応できるテーマが1つから3つ、4つとなり生産性を向上させることができました。主体的・能動的に行動していくことが重要だと改めて実感しました。
入社した当時と比べてどのような部分が成長したと感じますか
新人の頃はタスク管理がうまくできておらず、仕事や時間のマネジメントに苦手意識を感じていました。先輩方からアドバイスを聞いたり、研修で基本的な考え方を学んだり、ツールを試したりと改善に取り組みました。今は優先順位付けや時間配分ができるようになり、効率よく仕事を進められています。今後、自分だけでなく他者のタスクを管理する機会も増え、やがてはプロジェクト全体をマネジメントしていくので、一層マネジメント力を向上させていこうと考えています。

インタビュー中の画像

仕事を楽しいと感じる時はどんな時ですか?
仕事の楽しさ・面白さは「思考すること」にあると最近感じているので、状況は違っても、割といつもどこかに楽しさを見つけられているような気がします。やはり一番は自分で考えて実行した物事が良い結果に繋がったとき、やりがいや面白さを特に感じます。
仕事は基本的にチームで取り組むので、チーム内であれこれと意見を交わすことも多いです。他者の考え方を知ることによって「この設計はこうやって考えると更に良くなる」「自分にはこの視点が足りない」と新たな気付きを得ることができて面白いと思います。
また、仕事の内容によっては1人で黙々と作業を進めるということもありますが、自分の中で色々と考え試行錯誤を繰り返したときなどは、やりきった後の達成感もひとしおです。
就職活動中の学生に向けてメッセージをお願いします
就職活動は、本当にやりたいことや自分の中で大切にする物事が何なのか、自分を正面から見つめ直せる滅多にない機会だと思います。悩むことも多々あるかもしれませんが、支えてくれる周囲の人達に感謝しつつ、納得いくまで取り組んでみてほしいです。皆さんが望んだ結果を得られるよう願っています。

新卒採用専用サイト

新卒採用専用サイトはこちら